10. Copying 模倣

私たちが何かの技術を上げたい時、ベストな方法は模倣でしょう。誰にでも先天的に模倣能力はあります。ただ、模倣するにも技術は必要です。基礎を得るには模倣力、そして実践と応用には発想力が必要です。言語技術を上げるにはまず、この「模倣技術」を磨くほうがはるかに早いでしょう。

英語の場合、正しい英語の配列を知っている人は、ほぼ完全にコピーできます。なぜなら,英文にはルールがあるからです。英語圏の人たちは、他の人が言ったことをほぼコピーすることができます。しかし、私たち日本人はできません、なぜなら、言葉を正しく並べる習慣がないからです。つまり、「コピーするための道具」を持っていないのです。

日本人がリスニングに弱いのは「コピー力」がないからです。英語を正しく使える人はかなりのコピー力を持っています。このコピー力は言葉の理解力に連動します。正しい英語(外国語)を学習することが日本語の理解力に通じることを知っている人は少ないでしょう。

他の人が言ったことを再生するには、理解力がなければできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。